大好きな漫画の一つ、NARUTOについて書かせていただきます。

私が初めてNARUTOを手に取った時は衝撃的でした。NARUTOには友情、青春、恋愛、戦いなどさまざまな要素が含まれています。

私が一番好きなキャラクターはナルトです。ナルトは幼いころに九尾を封印されて以降村を襲った化け狐として村の人々に嫌われます。
彼を味方にしてくれる人なんてほとんどいませんでした。
しかしナルトはそんな状況にも腐らず、努力を続けます。
ナルトがよく言っていた「他人に自分の存在を認めさせる」と言うのは、漫画の世界に限らず、いろんな人が持っている欲求なのではないでしょうか。
そういった人間の心情や心の変化などをNARUTOは上手に表現していて関心させられます。

以下に自分が好きだったシーンをあげていきます。
私が、というよりNARUTOファンの殆どが感動すると言ってもいいほど傑作と言えるのが、ハクと再不斬編です。ハクという身寄りのない少女を再不斬は自分の手下とするところから物語は始まります。
その再不斬とナルトが任務で戦うことになるのですが、戦いの中で、ナルトはハクとの対話の中で大切な人の存在を守る意義について感じ取ります。
ハクは身寄りのない自分を拾ってくれた再不斬に恩義を感じており、大切な存在を守ろうとします。ナルトがその戦いの中で学んだことは、ナルトが成長していくきっかけにもなります。
戦いのラストシーンは必見です。見ていない方は是非見てみてはいかがでしょうか。

今でもNARUTOの全巻セットは数千円で買い取ってもらえたりしますが、また読み返したいので売ることはありません。
http://漫画買取価格比較.com/

カテゴリー: 未分類