好きなCDや音楽と言われて真っ先に思いつくのものは人によってジャンルや時代が様々であり、当然ながら「絶対こうであるはずだ!」と言う事はとても言えません。

ですが全体の傾向として、曲やアルバム自体に鮮烈な印象があるものが思い浮かびやすいと言うのは言えるかもしれません。

無論私についても例外ではありません。

が、思い入れがある、印象が強いの前に「最も」を付けずトップ10ぐらいを頭を捻って決める感じにしてみれば鮮烈さなどの点でそうでもない物も入ってきやすくなるでしょう。

私にとってT-SQUAREの『HUMAN』はそんな一枚です。

何となく手に取って購入したのはもういつの頃なのか覚えていません。

が、とにかくよく聴いていたのは確かです。

面倒なのでCDラジカセに何日か入れっぱなしだった事もしばしばです。

で、このアルバムの特徴として私が最も思うのは『何か長時間作業する時のBGMとして最適』と言う物です。

とにかく思い出に残りやすい曲と言うのは鮮烈な印象と言うのは最初に書きましたが、そう言ったものは反面自己主張が余りに強く作業のBGMとしては邪魔になることが多いのです。

T-SQUAREの曲やアルバムにもそういうものがないわけではありません。

が、このHUMANというアルバムは違います。

曲やCDそのものもそれなりに印象的かつ個性的でありながら、それでいて刺激とか、いがらっぽさ的なものはまるで感じさせません。

こんな不思議な一枚を私は他に知らないのですが、とにかくこの不思議な特徴により不快感なくいつまでもリズムを感じさせてくれ、無意識のうちに長時間作業を後押ししてくれるというBGM最適CDとなっているのです。

まあ、もちろん個人の感想ではあるんですけどね。

カテゴリー: 未分類