未分類

運命の子どもバサラの伝説「BASARA」

バサラというタイトルを聞くと別な有名タイトルの漫画が有名ですが、こちらのBASARAはフラワーコミックスの少女マンガに1990年代に出ていたものです。 当時この漫画を追いかけていた人には、なかなか他にはないタイプの漫画だったかと思います。 この物語の主人公は運命の子どもとして生まれた双子の兄妹の妹、更紗(サラサ)です。 時は20世紀末、王を中心とした4人の王の実子が支配する文明の滅んだジパングが舞台です。 この舞台設定では日本が舞台になっていて、日本らしい名前の村や出てきて戦国時代を思わせるような設定にな... Read More

投稿者:newthinkinghyundai-pr 投稿日時:
未分類

読み返したいから売るつもりはない漫画

大好きな漫画の一つ、NARUTOについて書かせていただきます。 私が初めてNARUTOを手に取った時は衝撃的でした。NARUTOには友情、青春、恋愛、戦いなどさまざまな要素が含まれています。 私が一番好きなキャラクターはナルトです。ナルトは幼いころに九尾を封印されて以降村を襲った化け狐として村の人々に嫌われます。 彼を味方にしてくれる人なんてほとんどいませんでした。 しかしナルトはそんな状況にも腐らず、努力を続けます。 ナルトがよく言っていた「他人に自分の存在を認めさせる」と言うのは、漫画の世界に限らず、... Read More

投稿者:newthinkinghyundai-pr 投稿日時:
未分類

しょうがないから明日も頑張るか!「川の底からこんにちは」

「川の底からこんにちは」は、話題になったドラマ「カルテット」でも主演を務めた満島ひかりちゃん主演の映画です。 とにかくこの人、シュールだけど暗くて、メッセージ性の強い作品に出させたら、ピカイチなんです! 役のハマり具合がハンパなく、真面目すぎてコミカルな演技も最高です。 私が女優としての彼女を初めてスクリーンで見たのは、「プライド」という一条ゆかりさん原作のマンガを映画化した作品でしたが、その中で一人、黒光りする黒曜石のような魅力を放っていました。 見ていて恐ろしく、嫌いだな、と思った時にはもう好きになっ... Read More

投稿者:newthinkinghyundai-pr 投稿日時:
未分類

コブクロ、TIMELESS WORLDの素晴らしさ

私は最近の中で特に気に入っているCDがあります。それは、人気デュオであるコブクロの二人のTIMELESS WORLDです。昔から様々なジャンルの音楽を聞いていたつもりだったのですが、ポップスの王道であるコブクロの音楽はあまり聞いたことがありませんでした。しっかりと聞くようになったのは2015年のライブツアーに友人に連れられて見に行った時からになります。 初めて生で見たコブクロのライブの迫力が素晴らしかったことを覚えています。このライブツアーはツアー前に発売されたTIMELESS WORLDを中心とするセッ... Read More

投稿者:newthinkinghyundai-pr 投稿日時:
未分類

本・CD・DVD買取

先日部屋の片付けをしていたら、不要なDVD、CD、本が出てきたので売りに出すことにしました。 私は近くの中古ショップにて、DVD15本とCD6枚、本を3冊売りに行きました。ほとんどが貰い物だったので、少しでもお小遣いになればいいなという気持ちで行きました。 DVDは古い洋画の作品が多く、どれもあまり人気のなさそうな作品ばかりだったので、全く期待していませんでした。 しかし、1本10円と安いものもありましたが、150円ほどで売れる物も何点かありました。CDはアルバム3枚とシングル3枚を持って行ったのですが、... Read More

投稿者:newthinkinghyundai-pr 投稿日時:
未分類

殿、利息でござる!に感動。

『殿、利息でござる!』は江戸時代の実話に基づいています。 阿部サダヲ, 瑛太, 妻夫木聡, 竹内結子が出演しています。ちょっと泣いて、笑って、いい話です。 お金を殿様に貸し付けるという話ですが、経済の話というより、心の話です。 原作は『無私の日本人』といい、私欲を捨てて、みんなのためにお金を調達した人たちの話です。 しかも、それを誰にも言わず、後世にも伝えないという。素敵な人たちがいたのだという事実にびっくりします。 それから、俳優が素敵です。阿部サダヲは少し笑わせますが、ちょっと頼りなくて、誠実で、我慢... Read More

投稿者:newthinkinghyundai-pr 投稿日時:
未分類

映画? ミュージカル? 『RENT』

日本でも何度も上演されているミュージカルなので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。 ですが、今回は映画バージョンを推したいと思います。 内容をひと言で説明するのが難しいのですが、80年代のアメリカを舞台とした七人の青年の人間模様であり、戦いの記録と言えるかもしれません。 戦う相手は病気であり、社会であり……やはり、ひと言では言えませんね。そこもまた、魅力のひとつかもしれません。 この映画の面白いところは、マイノリティーの人々が主役だということです。ゲイ、レズ、バイ、ストレート、いろんな性癖の、弁護士や... Read More

投稿者:newthinkinghyundai-pr 投稿日時: